10/17/2009

brilliance


人生に光を求めるなら、
まず目の前の苦しい現実とゆう影をしっかり見据え、
それを乗り越えるべく、勇気をもって進んでいくことだ。
    私は人間にとって本当の幸せは
光の下にいることではないと思う。
その光を遠く見据えて、
それに向かって懸命に走っている。
無我夢中の時間の中にこそ人生の充実があると思う。』

安藤忠雄。

This is what im saying

0 件のコメント:

コメントを投稿